役立ち情報

タイ タクシー 乗り方とぼったくりに合わないための予防3選

投稿日:9月 20, 2018 更新日:


銀三郎
タイのタクシーの乗り方も分からないし。。ぼったくり怖いよー。。

たいみー君
乗り方は日本と同じだけど、ちょっとコツがあるやーでー、ぼったくりゼロにはならんやろうけど、予防は出来るやーでー

タイのタクシーはかなり安いので、旅行中の移動には重宝したいです。もちろん乗り方自体は日本と同じで難しく考える必要はないですが、行きたい場所の伝え方は一工夫必要です。タイのタクシーはスーパーぼったくりとかはない(と思うけど)けど、相場よりも高い値段払うのは悔しいですよね。この予防法を読めば、ぼったくりに合う確率は確実に減らせると思います!

また、最後にタイでタクシーを使う際に是非使っていただきたいスマホアプリを紹介しますので、ぜひ日本でダウンロードして、タイで利用しましょう!!

タイのタクシーの乗り方

上にも書いた通り、乗り方なんて、ただタクシーを止めて行き先を言うだけなのですが、行き先の言い方には少しコツがあります

タクシーの運転手行き先分かってくれない問題

タイのタクシーは、住所を見せたり、グーグルマップで指差してここ!って言っても分かってもらえないことが、多々あります。その時の解決策が2つあります

有名な場所に行く場合

書かなくても大丈夫だとは思いますが、有名な場所であればその場所や建物の名前を言えば伝わります

あまり有名でない場所に行く場合、名前が伝わらなかった場合

地図を開きましょう、そして行きたい場所の大通りの名前とソイ番号を伝えましょう。

ソイって何だよ!?

ソイとは?と思いますよね(笑)ソイは日本語で言うと通りがイメージとしては近いかなと思います。バンコクは大通りに面している小さい通りの片側に奇数、逆側には偶数で番号が若い順に番号がついています。なので、1番通りと3番通りは隣同士の通りですが、4番通りと5番通りは道をはさんだ通りになります。また、片側ずつで別々に番号が進むため、必ずしも互い違いにソイ番号が進むわけではないです。例えば、10番と11番通りが遠いという可能性もあります。

ソイ番号を調べる


上に有名な某レストランの住所のスクショを用意しました。
これはSukhumvit(スクンビット)大通りに面した 12番通り10番地ということを示しています。

運転手に伝えるには

ここの場所をタクシー運転手に伝えるとしたら、まず最初の"10"は番地を示していますが、一旦無視します。そして、次に大通りの名前とソイ番号を合わせて、"スクンビットソイ12"と言えばOKです!

<大通りの名前>ソイ<ソイ番号>

これでタクシーの運ちゃんへの指示出しはばっちりです。

また、二けた以上の数字を伝える場合は、分解して伝える方が無難だと思われます。例えば、スクンビットソイ12を伝えたい場合は、スクンビットソイ ワン トゥー と伝えます。そうするとタクシー運転手のコミュニケーションミスも減らせると思います(番号が上手く伝わっておらず、全然目的地と違うところに着いちゃうという経験が僕にもあるので、出来るだけわかりやすく伝えるのが良いと思います)

タクシー乗る時に覚えといた方が良いタイ語

目的地が近づいてきたら、自分で場所までナビゲートしましょう
地図を開きながら、タイ語で指示を出して確実に目的地へ到着しましょー

この4つはタクシーに乗っていてとても使える単語ですので、是非使ってみてください

トロンパイ 直進

リオクワー 右折

リオサイ  左折

ジョッティニー ここで止まって

ボディーランゲージと共にこれを言えば、ばっちりです

タクシー乗らしてくれない問題、、、

銀三郎
ヘイ、タクシー!サイアム駅!
たいみー君
あ、行きたくないしパス
銀三郎
えぇ、、

こればっかりは本当にどうしようも無いですね、、、タイのタクシーは行き先だったり、時間だったり、運転手の機嫌だったりで、乗せてもらえないことがめちゃ多いです。。。こちらの解決策もGrabアプリを導入すれば解決する可能性があります。最後の方をご覧ください!!!

タイのタクシーのぼったくりとは?

そもそもタイのタクシーのぼったくりとは、なんだというところから話そうと思います。タイのタクシーには日本のものと同じくメーターがついているのですが、運転手によって、メーターを使わず運転手の言い値でタクシーを乗せようとしてきます。これがいわゆるタイのタクシーのぼったくりです。そもそも通常の値段が安いので、あまり気にならないかもしれませんが、普段の2~5倍くらい取られる可能性があります。タイの法律でそういうことはしてはいけないと決まっているらしいのですが、残念ながら今でも普通に行われています。

この記事では、出来るだけタイのタクシーをメーターで乗るためのアドバイスをご紹介したいと思います。対策自体は簡単なので、これを実践して、快適にタイでタクシーを利用しよう

タクシーは手を横~斜め下あたりで止める!

個人的にこれ一番重要です

タクシー運転手は観光客と判別するや否やぼったくりモードに入る!(勝手に断言)

まあ、でも自分の身になって考えてもそうですよね。初心者の方が騙しやすく見えますもんね。なので、観光客(初心者)見えないように、タイに住んでいる人のフリをしたらいいわけです!!というわけで、必ずタイに住んでる人に見えるようにタクシーを止めましょう。

OK例

さりげなく、歩きながらダラーンと手を横~斜め下辺りに出して、ちょっと手をキラキラさせる感じですね。これだけで大分現地人感があります。バンコクにはたくさん外国人が住んでいます。タイ語は話せなくても、現地人感を出すだけで、タクシー運転手側からの第一印象はかなり変わります

NG例1

日本人にありがちですね。手を真っ直ぐ上げてタクシーを止めるのはタイのやり方ではないです。これはやった時点で、"あ、日本人おるやん"ってなります。NGですね。

NG例2


手を足の下通して上げてタクシーを止めるのは地球のやり方ではないです。これはやった時点で、"あ、変な人おるやん"ってなるし多分タクシー止まらないです。NGですね。

メーターと運転手に言う

銀三郎
メーターメーターメーターメーター

たいみー君
メーター攻撃…!

メーターで行けるかどうかを確認しましょう。メーター?ってタクシーメーターを指しながら聞いて、否定じゃないっぽい返答が来れば、メーター(普通の料金)で乗せてくれます

ちなみに銀三郎のようにメーター攻撃をすると嫌な顔をされる場合がありますので、注意しましょうw

Grab アプリ インストールすればOK

これで、タクシー乗れない問題もタクシーぼったくり問題も解決。Grabは配車アプリで、これを使えば安く必ず目的地まで乗れます!これをインストールすれば、タクシー関連問題は全部解決!ただ、アプリを始める際に電話番号の認証が必要なので、日本でインストールして、日本で認証を終えることをお勧めします(タイで始めた場合、日本のケータイだとSMS(電話番号認証メール)が届かない可能性があります)
https://www.grab.com/sg/download/

基本今いる位置から、行きたいところに行けるようなタクシー配車アプリです。グーグルマップを使うような感じで直感的に使えるのでかなり使いやすいと思います。ソイ番号を言ったり、行きたいところを拒否されたりということが無いので、使っていてストレスが溜まらないと思います。ちなみに一人で旅行されている場合は、バイクタクシーも配車できるので、安く渋滞を気にせず目的地に行きたい場合はGrabでバイクを捕まえることをお勧めします。
こちらの記事が使い方を分かりやすく解説されてるなと思ったので、貼っておきます

https://www.lehman-miler.com/2018/04/grab.html

一応、注意点としては、場所や時間帯によっては全然タクシーが捕まらない可能性があります。ぼくはそういうときは、Grabで予約しつつ、メーターで乗れるタクシーがないか道で探します。メータータクシーを道でとれた場合はGrabの方はキャンセルする、とれなかった場合はそのままGrabタクシーに乗るという感じです。ただ、短期間でGrabタクシーのキャンセルを大量にすると、キャンセル出来なくなるペナルティがあるので注意してください

まとめ

タイのタクシーを乗る際の注意点をまとめました。ちなみにタイ在住歴2年ですが、ぼくはGrabをめっちゃ使っているわけではありません(笑)住んでいると急にタクシーが欲しいタイミングが多いので、道で捕まえてしまうことが多いです。Grabで捕まえると最低でも10分くらいは来るまで待たないといけないイメージがあります。でも、Grabはやっぱり行き先を渋られたりしないのが精神衛生的にとても良いなと思います

道でタクシーを捕まえる場合、手の角度とメーターって一旦聞いてみることはとても重要なので、やることをおすすめします。快適なタクシー移動を是非この記事を参考に行っていただけると嬉しいです!!

-役立ち情報
-, ,

Copyright© たいみー銀三郎のバンコク歩き , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.